スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパートから出火、焼け跡から遺体 千葉・富里(産経新聞)

 30日午前6時10分ごろ、千葉県富里市七栄のアパート「藤コーポ」2階201号室から出火、室内の台所などが焼け、焼け跡から1人の遺体が見つかった。

 県警成田署によると、この部屋には40~50歳くらいの男性が1人で暮らしており、所在が分からないという。同署で遺体の身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 同署によると、アパートは木造2階建て。1、2階にそれぞれ2部屋ずつあり、他の住民にけがはなかった。近所の女性が物の焼けるにおいに気付いて110番した。

【関連記事】
「火が出ちゃった」母に知らせた後に…民家火災で5歳女児死亡
駐車中の車から出火、幼児2人やけど 小田原
東京スカイツリー煙に包まれる 墨田区で住宅火災
消防署隣のそば店、鎮火したハズがまた出火ナゼ?
旧吉田茂邸の焼失…町民ショック「日本の財産の損失」

<携帯充電器商法>販売会社元幹部ら8人逮捕 大阪府警(毎日新聞)
篠山紀信容疑者を書類送検=公然わいせつ、モデル2人も-警視庁(時事通信)
<コンビニ強盗>ノコギリ持ち押し入った疑いで女逮捕 岐阜(毎日新聞)
<シチズン・オブ・ザ・イヤー>青森の吉島美樹子さんら表彰(毎日新聞)
アキバの安全・安心を、街頭に防犯カメラ16台(読売新聞)
スポンサーサイト

<通貨偽造>金庫の1万円札抜き取り、コピーを戻す 孫逮捕(毎日新聞)

 岐阜県警捜査2課と養老署は28日、岐阜県養老町室原、無職、伊藤直子容疑者(26)を通貨偽造の疑いで逮捕した。容疑は09年8月初旬~10月中旬、自宅でパソコンとプリンターを使って1万円札13枚を偽造したとしている。

 同署によると、伊藤容疑者はインターネットでの買い物や携帯電話料金の支払いに困り、同居の造園業の祖父(87)が金庫に入れておいた封筒から1万円札を抜き取り、発覚しないように偽造1万円札を入れておいたという。このうち2枚を祖父が近くの簡易郵便局に持ち込み、両替しようとして偽札とわかった。【子林光和】

【関連ニュース】
偽1万円札:東北4県で相次ぎ見つかる
偽造1万円札:仙台の繁華街で8枚見つかる
通貨偽造容疑:偽1万円札66枚印刷 男2人再逮捕 愛知
偽札使用容疑:中学生2人逮捕 コピー機で複写 大阪
偽札:東北4県で偽1万円札見つかる

首相、外国人参政権「簡単ではない」(産経新聞)
土地購入前日、8億円を集約=陸山会など複数口座から-資金洗浄意図か・小沢氏団体(時事通信)
<千葉大生殺害>遺体のストッキングから無職男のDNA型(毎日新聞)
石川知裕議員 自身の事務所費でも聴取 逮捕容疑以外で初(毎日新聞)
<小沢幹事長>聴取後に行った記者会見の要旨(毎日新聞)

「新型」輸入ワクチン、希望は200回分だけ(読売新聞)

 2月から出荷が始まる新型インフルエンザの輸入ワクチンについて、第1回出荷分(474万回分)の配分を希望した都道府県は山梨県だけで、配分希望も200回分だけだったことが22日、厚生労働省の調査で分かった。

 当面はほとんどの輸入ワクチンが国の在庫となる見通し。厚労省は「どの程度余るかも含め、対応を検討する」としている。

 輸入ワクチンは、国が欧州の2社から計約1126億円で計約9900万回分を購入する契約を結んでおり、2月3日にノバルティス社(スイス)製の234万回分、同5日にグラクソ・スミスクライン社(英国)製の240万回分がそれぞれ各自治体へ初出荷される予定だった。

 山梨県では4医療機関がグラクソ社製200回分を希望。同県は「具体的に接種希望者がいるのかは分からない。医療機関が念のために発注したのではないか」としている。

 国産ワクチンも今月29日に9回目の出荷が行われるが、649万回分の出荷予定に対し、配分希望は全国で計520万回分。2月以降も約1466万回分の出荷が予定されている。

 一方、国内の患者数は7週連続で減少。最新の1週間(11~17日)の新規患者数は1医療機関当たり8・13人で、40都道府県で前週を下回った。

<無料低額宿泊所>FIS幹部3人を在宅起訴へ 脱税で(毎日新聞)
わいせつBDなど1万3千枚=所持容疑で4人逮捕-香川県警(時事通信)
<雑記帳>マンボウ「国内最長寿」目指し 山口・下関(毎日新聞)
<押尾学容疑者>保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に(毎日新聞)
「反小沢」マグマ蓄積 世論調査に民主は動揺(産経新聞)

女性警官の胸触りキスも=同僚の巡査部長停職-兵庫県警(時事通信)

 同僚の女性警官の胸を触るなどセクハラ行為を繰り返したとして、兵庫県警は22日、男性巡査部長(50)を停職3カ月の懲戒処分とした。
 県警によると、巡査部長は2008年春から09年2月にかけ、県西部の同じ警察署に勤める20代女性巡査に「付き合ってくれ」とメールを送信、車内で胸を触り顔にキスするなどしたという。
 県警の調査に対し、巡査部長は触ったことやキスは否認し、メールは悪ふざけのつもりだったなどと話しているという。
 昨年3月、同じ署の別の男性警官が朝礼で、セクハラ行為があったと発言したことから発覚。内部調査を進めていた。女性巡査が被害届を出さなかったため、事件としての立件は見送った。 

【関連ニュース】
わいせつ教員176人=過半数は教え子被害-08年度
キャバクラ労組を設立=女性従業員ら、職場環境の改善要求
女子学生にキス、教授を減給処分=富山大
元留学生にアカハラ認める=大学院講師らに賠償命令
セクハラで准教授を停職=女子院生の後つけ脱衣所に入る

JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず(産経新聞)
<参院代表質問>戦って発言、検察への影響ない 鳩山首相(毎日新聞)
鳩山首相「きずなが最大の復興理由」=阪神大震災(時事通信)
<本屋大賞>候補に「1Q84」や「横道世之介」(毎日新聞)
<小沢幹事長>滞在先のホテル 大勢の報道陣が詰め掛ける(毎日新聞)

不安定さが健康へ? ウオーキングシューズが静かな人気(産経新聞)

 グラグラするから効果的-。そんなウオーキングシューズが注目されている。エバニュー(本社・東京)が輸入販売している「MBT」や、アキレス社(本社・東京)の「シェイプアップス」、アシックス社(本社・神戸)のロングセラー「シェイプウォーカー」…。靴底が平らではなく、一歩あたりの筋肉の動きが普通の靴よりも大きくなるのが、その秘訣(ひけつ)だ。

 MBTは「Masai Barefoot Technology」の略。スイスのエンジニアが、素足で歩くマサイ族に肩こり、腰痛に悩む人が少ないことに気づき、靴を履いたままマサイ族の歩き方に近づけるにはどうしたらいいかを考えて開発。靴底を丸みを帯びた形にし、直立姿勢をとったときに、つま先部とかかと部が地面につかない構造にすることで、それが実現できたという。

 靴はスイスマサイ社が1996年に発売し、世界20カ国で販売。モデルやスタイリストが履いたことで注目を浴び、3万円台と少々割高感のある価格帯の商品が主力ながら、30~40代の女性に人気が高いという。

 販売店などで購入者に効果的な歩き方を指導するのも特徴。歩き方教室の場も設けてあり、MBTウオーキングスタジオ大阪本町の松尾貴代子店長は「親指に力を入れ、バランスをとろうとせずに、靴に任せて自然と体重移動をしてください」と説明する。ユーザーからは「腰やヒザの痛みがやわらいだ」といった反響もきている。

 先月から本格的に売り出したシェイプアップスも靴底が丸くなっており、直立姿勢を保とうとするとグラグラする。順天堂大スポーツバイオメカニクス研究室の測定によると、通常のスポーツシューズよりも背中26%、太腿18%、ふくらはぎ23%、筋活動が増加したという。1万円台の商品が多く、「気軽に引き締め効果が得られます」とアキレス社の担当者。

 アシックスのシェイプウオーカーは、通常の靴よりも、つま先部に傾斜をつけた。5度と9度の2種類。平地でもゆるやかな坂を上るような負荷を下半身にかけられるようになっている。

 正しい歩き方は、木をイメージした直立姿勢からスタートし、出す足と反対方向の腕を使って体をひねり、かかとから着地し、後ろ足がまっすぐ伸びたときに前足をける。フットウエア統括部の池田憲昭マネジャーは「内転筋が伸びているという感覚。1日に30分歩くと、1カ月後に効果が出るというのが一般的です」と“継続”の重要性を話した。

 年末年始で増えた皮下脂肪を「精算」するには、今がウオーキングの始めどきかも?(村田雅裕)

【関連記事】
【Brand Story】20年愛される理由 リーボック開発者インタビュー
体幹 鍛えて生活向上 姿勢や呼吸・発声に好影響
アウトドアアイテム おしゃれな日常を演出
「リラックスにはお茶が一番」お茶ドル・河口えり
大豆でもっと美しく! 間食には低GI食品を

<皇太子ご夫妻>神戸入り 震災追悼式典に出席のため(毎日新聞)
FOMA障害、180万人影響(産経新聞)
将棋 王将戦15日開幕 羽生に久保が2度目の挑戦(毎日新聞)
痴漢 愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)
ゆるキャラ 香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)

関電関連会社の派遣切り、200万円支払いで和解 大阪地裁(産経新聞)

 職場環境の改善や苦情を訴えた後に派遣契約を打ち切られたのは不当として、大阪府内の男性(42)が派遣先の関西電力関連会社「エネゲート」など2社に600万円の賠償を求めた訴訟は、2社が慰謝料各100万円を支払うことを条件に大阪地裁(中村哲裁判長)で和解が成立した。

 和解は13日付。18日に会見した男性の代理人弁護士は「解決金ではなく慰謝料として会社側の責任が認められるのは異例で、勝利和解」と話した。一方のエネゲートは「苦情への対応に一部不十分な点があった。契約更新しなかったことに対する慰謝料ではないと考えている」としている。

 男性は平成17年9月から機器の検査業務を担当。職場の照明が暗いとして正社員に明るくするよう求めたが改善されず、社員から嫌がらせがあったため苦情を申し出たところ、契約を打ち切られたとして、20年5月に提訴していた。

【関連記事】
本当に“派遣村”なの? 存在意義めぐり議論
「派遣切りで自暴自棄に」キャバクラで豪遊 無銭飲食容疑で男逮捕
失業者の相談 ワンストップ・サービスの前途は多難
派遣労働者399万人 08年度、伸び率は鈍化
失業者12カ月連続増加 今年も厳寒の年越し

殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初-静岡地裁(時事通信)
都議会参考人招致 築地移転で賛否(産経新聞)
陸山会土地資金、不記載を秘書が引き継ぎ(読売新聞)
当時から居住1割 被災地中3アンケート 語り継ぎ、「学校」多く(産経新聞)
2次補正、月内成立に全力=政府・民主(時事通信)

人事院事務総長に吉田氏=給与局長は尾西氏(時事通信)

 江利川毅人事院総裁は15日までに、出合均事務総長の勇退を認め、後任に吉田耕三給与局長を昇格させる人事を内定した。給与局長には尾西雅博人材局長を起用する。18日付で発令する予定。 

【関連ニュース】
スーダン・和田氏、イエメン・難波氏=10カ国の大使決定
法制局長官を補佐人から除外=「政治家が答弁」
1次試験は5月2日=来年度国家公務員I種
地方から懸念の声=直接交渉で労使対立も
管理職除外のケースも=協約締結権付与で報告書

<可視化法案>政府として「提出検討せず」 松野官房副長官(毎日新聞)
小沢氏更迭「今その考えない」=鳩山首相(時事通信)
ハイチに500万ドル緊急支援=政府(時事通信)
「腹腔鏡下根治的膀胱全摘除術」を承認―先進医療専門家会議(医療介護CBニュース)
<戦艦大和慰霊碑>立て替えず修復 鹿児島・伊仙町が募金窓口に(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。