スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっと勇み足…市広報紙で「7月11日投票」(読売新聞)

 参院選の日程が正式決定していないにもかかわらず、茨城県守谷市が投票日を「7月11日」と明記した広報紙を配布していたことがわかった。

 参院選は同日の投開票が濃厚となっているものの、県選管は11日、全市町村の選管委員長あてに「選挙期日の周知は、閣議決定後に行うようご注意願います」との異例の文書を通達し、注意を呼びかけた。

 守谷市によると、10日に発行した「広報もりや」で、2ページ目の全項を参院選のお知らせに割いた。冒頭で「7月11日(日) 第22回参議院議員通常選挙」と大書し、公示日は「6月24日(木)」、期日前投票は「6月25日(金)~7月10日(土)」と記載した。

 広報紙は月2回、各課などから寄せられた原稿を秘書課でとりまとめ、各世帯に発行している。今回分は、印刷業者との最終打ち合わせが鳩山政権時の5月31日。原稿を作成した市選管は「首相交代前のことで、この日程でほぼ確実と考えた」と釈明する。

 24日公示の場合、「次回の25日発行の広報紙では間に合わない」との判断もあったという。

 その後、選挙日程は迷走したため、変更になった場合、広報紙に訂正のチラシを折り込むことも検討したが、発行前日の9日になっても日程が決まらなかったため、そのまま配布した。

 10日には、市民から「参院選の日程が決まったのか」との問い合わせもあり、市選管では「市民を混乱させて申し訳ない」と平謝り。今後、選挙日程が別の日に決まれば、その時点で訂正チラシを配布するという。

 県選管は「他の市町村で同じようなことが生じないよう、急いで注意文書を送った」としている。

菅首相の所信表明詳報(9)完「果たすべき使命は元気な日本を復活させること」(産経新聞)
9%→52%、無党派層の内閣支持率が急上昇(読売新聞)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
<窒息死>歯治療中の2歳女児、のどに脱脂綿詰まり 埼玉(毎日新聞)
<新潟水俣病>4次訴訟 患者会が和解協議入りを決定(毎日新聞)
スポンサーサイト

金閣寺に63面の障壁画 岩澤重夫氏の遺作(産経新聞)

 昨年11月に81歳で死去した文化功労者で日本画家の岩澤重夫氏が病床に伏す直前まで描き続け、遺作となった京都市北区の金閣寺(鹿苑寺)客殿のふすま絵などの障壁画計63面が26日、報道陣に公開された。

 障壁画は3部屋にわたり、うねる波から昇る朝日や、繊細かつ大胆に描かれた紅白梅が目を引く「写実の梅」の部屋や、古木の桜と若い桜が金箔(きんぱく)とプラチナ箔で表現された「抽象の桜」の部屋などがある。

 岩澤氏は大分県日田市出身。金閣寺の有馬頼底住職(77)が少年時代、同市の岳林寺で過ごし、その後京都で親交を持ったのを縁に平成16年に制作を依頼。岩澤氏は5年がかりで亡くなる約2カ月前に完成させた。

 岩澤氏の長男で、現代美術家の有径(ありみち)さん(52)は「お寺に残していただけることで、みなさまの目にも永遠に残ります」と話した。9月から京都などの百貨店で一般公開される。

【関連記事】
金沢大がフレスコ画の研究所設立、保存技術など開発
キトラの朱雀初公開 四神そろい踏みに行列
高松塚壁画を一般公開 奈良・明日香村で5回目
野町和嘉「サハラ、砂漠の画廊」 壁画が語る“緑の地”
平城遷都1300年で特別展 入館者増へ火花
虐待が子供に与える「傷」とは?

IT会社、近く強制捜査=ネット仮想空間の投資話―特定商取法違反容疑・埼玉県警(時事通信)
<ビル不正登記>元後藤組組長に逆転有罪 東京高裁(毎日新聞)
佐世保小6同級生殺害 命の重み、忘れない…事件から6年(毎日新聞)
500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)
バックで400m逆走、トラックに衝突し死亡(読売新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。