スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっと勇み足…市広報紙で「7月11日投票」(読売新聞)

 参院選の日程が正式決定していないにもかかわらず、茨城県守谷市が投票日を「7月11日」と明記した広報紙を配布していたことがわかった。

 参院選は同日の投開票が濃厚となっているものの、県選管は11日、全市町村の選管委員長あてに「選挙期日の周知は、閣議決定後に行うようご注意願います」との異例の文書を通達し、注意を呼びかけた。

 守谷市によると、10日に発行した「広報もりや」で、2ページ目の全項を参院選のお知らせに割いた。冒頭で「7月11日(日) 第22回参議院議員通常選挙」と大書し、公示日は「6月24日(木)」、期日前投票は「6月25日(金)~7月10日(土)」と記載した。

 広報紙は月2回、各課などから寄せられた原稿を秘書課でとりまとめ、各世帯に発行している。今回分は、印刷業者との最終打ち合わせが鳩山政権時の5月31日。原稿を作成した市選管は「首相交代前のことで、この日程でほぼ確実と考えた」と釈明する。

 24日公示の場合、「次回の25日発行の広報紙では間に合わない」との判断もあったという。

 その後、選挙日程は迷走したため、変更になった場合、広報紙に訂正のチラシを折り込むことも検討したが、発行前日の9日になっても日程が決まらなかったため、そのまま配布した。

 10日には、市民から「参院選の日程が決まったのか」との問い合わせもあり、市選管では「市民を混乱させて申し訳ない」と平謝り。今後、選挙日程が別の日に決まれば、その時点で訂正チラシを配布するという。

 県選管は「他の市町村で同じようなことが生じないよう、急いで注意文書を送った」としている。

菅首相の所信表明詳報(9)完「果たすべき使命は元気な日本を復活させること」(産経新聞)
9%→52%、無党派層の内閣支持率が急上昇(読売新聞)
菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
<窒息死>歯治療中の2歳女児、のどに脱脂綿詰まり 埼玉(毎日新聞)
<新潟水俣病>4次訴訟 患者会が和解協議入りを決定(毎日新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。